なんくる くるくる日記


色々とみーぐるぐるな日々を「なんくるないさぁ」と生きている私のお話
注:みーぐるぐる(目が回る)なんくるないさぁ(なんとかなるさぁ)
どちらも沖縄の方言です
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


** Profile
** Selected Entries
** Recent Comments
** Recent Trackback
** Categories
** Archives
** Links
** Others
** Recommend
MOTHER3
MOTHER3 (JUGEMレビュー »)

コレは実はやりたいゲームの一つです。
と言っていましたが、ついにやりました。
なんだか、悲しかった・・・でも楽しかった。
スポンサーサイト * 2016.11.28 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
1年ですか・・・ * 2010.11.12 Friday
 三線教室に通い始めて、1年経った。
が、あまり上達してない。
月に1回か2回の教室に、行けない時もあるから、練習する量もあるだろうけど・・・

三線は愛媛に住み始めてからすぐ家に転がってた。
妹が小学校の時に習ってた時のものとばあちゃんのもの。
ほこりをかぶっては、思い出して爪弾いて、子供のおもちゃにもなり。
習った事もないからてーげーで・・・

初めてまともに弾いたのは、親父様の還暦のお祝いの余興で子供たちと
『てぃんさぐぬ花』を唄った5・6年前だ。
それもかなり適当な伴奏だったっけか・・・(身内だからいいのさぁ)

それからまた思い出しては・・・の繰り返し。

沖縄音楽もそんなくくりで聞き始めるのも、ここ愛媛に来てからだ。
子供の頃から沖縄音階に惹かれるものはあったけど、本格的に聴かないまま・・・(JロックやJポップスの方が好きでさ)
バンドブーム世代の私はもともとThe Boomが好きで彼らが沖縄音楽やるのはびっくりしたけど嬉しかった。
そういえば高校生の時、楽器屋でキーボード触って遊んでたら、りんけんバンドのりんけんさんに声掛けられた事あったなぁ・・・
「沖縄音楽に興味のある若い子探してるんだけど、興味あったら電話して」って・・・
ビビッて電話しなかった。自分のやってる音楽(部活)で精一杯だし。
遊びに行ってたら、その頃から三線弾けてたかもね・・・
「ニライカナイ祭り」という喜納昌吉さん主催のイベントでそこの事務所をウロチョロしてた時もハマらなかった。やっぱり自分のやってる音楽で精一杯。
今思えば、沖縄音楽、遠ざけてきたような・・・

沖縄民謡なんて当たり前にあったモノ。
どこかのお店に入れば聴こえてくる。テレビやラジヲをつければ聴こえてくる。
どちらかといえば退屈なモノ。
そんなものが、沖縄を離れて愛おしくなり、自分から耳を傾けるように・・・

フルサトハトオクニアリテオモウモノ・・・って詠んだのは誰だっけ?

愛媛に来た頃、ちょうど安室奈美恵やスピードが流行し始めてて、
なんかそれに乗って私も来た感じ(嘘)
他にも沖縄出身のバンド、ミュージシャン、タレントもどんどん出てきて
朝のNHKのドラマ『ちゅらさん』も始まったもんだから沖縄そのものが注目を浴びて、
空前の沖縄ブーム。(なぜか私も「ちゅらさん」と呼ばれたり(この時の「さん」は○○さんの「さん」))
前々からThe Boomの「島唄」で注目を浴びていた沖縄音楽も
「涙そうそう」のヒットもあってさらに認知度が高くなって・・・
今治にある楽器屋さんにも三線が置いてあるのを発見した時はびっくりしたっけ?!(結局売れてなかったみたいだけど)

そんなこんなで、今の三線教室に出逢ったのが1年前。
とても、楽しく参加させてもらってます。
愛媛県内こんなに三線弾ける人がいるなんてびっくり。100人ぐらいいる?
しまなみでも10人以上。


今まで勝手に弾いてたので、工工四(くんくんしーと言って三線の楽譜です)を見ながら弾くのが苦手。
憶えないし。唄いながら弾くとさらにダメでして(これに関してはどの楽器もだけど)。

言い訳。言い訳。判ってます。
もっと(もうちょっと)がんばりますよ。




|00:38 | うたうたい | comments(6) | trackbacks(0) |
アコワングランプリ * 2009.09.15 Tuesday
 9月13日日曜日
一時間ほどかけて行って来ました、『イオン新居浜』

目的は ショッ・ピン・グ!  ってのはウソで〜
アコースティックライブコンテスト(アコワングランプリ)
というイベントに参加するためです。

みくしーと言うコミティの友達「オルガン小僧さん」(実は前から知ってる人でみくしーで再会した)の企画で
新居浜市青年会議所の『ゆめまちプロジェクト』
という町おこしイベントのひとつでした。
ライブのほかにファッションショーなども行われてすごく賑やかでしたよ。

発表するあても無く、ひとりで練習してる歌好き音楽好きに
スポットを当てようと企画されたアコワングランプリ。

1部、2部、3部と2日間に渡って行われ、出演者は21組。
オリジナルありカバーありアコギにピアノにア・カペラと多彩でした。
皆さん、レベル高いわ〜オリジナルなんてカッコいいよね(私もあるけど・・・)。

私は楽器が出来ないのでサポートをお願いして、オルガンさんにピアノ、そしてもう一人Iさんにギターを弾いてもらいました。
たった1回しか合わせて練習ができなくて、生演奏での歌は久しぶりの私は、こんなに自分の声が出ないものかとへこみましたねぇ。

それでも本番は、あとは野となれ山となれで、楽しんだ者勝ちさぁ!!!なんくるないさぁ!!!
ってないきおいでステージに上がりましたとも。
(出る手前までは、手も冷たくなって、レモンたっぷり入ったハーブティを口に含んでおりましたが・・・)
上がったとたん心の中で叫んだのは「ぎゃートーク無理ー!」
後ろで演奏の準備をしている間って結構時間あるんだよね。
司会の方が助けに来てくれました。

さて、歌ったのはこの間、逝ってしまった 川村かおり の 『見つめていたい』
ちょうど、このお話があったとき、彼女の歌を改めて聞いていた頃でこの曲にしたわけですが・・・
はて?この歳でこの歌。いいのか?と何度か自分に問うてみたが、そこはてーげー(適当)な私の事、「まぁいいでしょう!」とまた自分に言い聞かし本番に挑んだわけです。

演奏が始まって歌いだし、堂々と歌詞も間違え、もう、ふっ切れて調子よく楽しくなってきちゃって、幸せな時間をすごしましたよ。手拍子なんてもらっちゃたりなんかして・・・

審査員の人には(コンテストだったのすっかり忘れてたけど)「この歌が好きなのが伝わった、まるで自分の歌のように歌っていましたね。」みたいな事を言われました。きっと褒められたんだよね〜

まあ、思ったとおり賞はいただけませんでしたが、やっぱり歌うのは楽しいな!

そんなこんなで久しぶりのライブ。終了。

帰りにこんな雲、見たさ。
090913_1756~0001-0001.jpg

・・・・・・・・・きっと龍です。
|21:34 | うたうたい | comments(2) | trackbacks(0) |