なんくる くるくる日記


色々とみーぐるぐるな日々を「なんくるないさぁ」と生きている私のお話
注:みーぐるぐる(目が回る)なんくるないさぁ(なんとかなるさぁ)
どちらも沖縄の方言です
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


** Profile
** Selected Entries
** Recent Comments
** Recent Trackback
** Categories
** Archives
** Links
** Others
** Recommend
MOTHER3
MOTHER3 (JUGEMレビュー »)

コレは実はやりたいゲームの一つです。
と言っていましたが、ついにやりました。
なんだか、悲しかった・・・でも楽しかった。
スポンサーサイト * 2016.11.28 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
沖縄旅4日目〜タビノオワリ〜 * 2011.12.13 Tuesday
 さてさて、最終日。
家族ほぼ全員で見送ってくれるらしく、出発。
妹も子供たちと来てくれる。

友達は昨夜、那覇市のホテルに泊まって、ネーネーズのライブを楽しんだ様子。
今日は朝から、首里城観光に行ったらしい…

11時ごろに国際通りで待ち合わせた。

日曜日には歩行者天国になる国際通り。
ちょうどその変わり目の頃に道のど真ん中で再会。
お土産を買いながら沖縄で一番賑わっている場所を友達と妹と4人でウロウロ。
お昼を牧市公設市場の2階にある食堂で食べる。
実はココも私は初めての場所。
いくつかの食堂が並んでいて、賑わっていた。
先にきて食べ始めていた父達とは違うお店の席に座る。
(実は「ココは不味いから違う所に行け!」と指令があった)
頼んだのは、
111106_1309~01.jpg
ソーキそば(スペアリブののった沖縄そば)。
中身汁(豚のモツのすまし汁)。
111106_1309~020001.jpg
なーベーらーんぶしー(ヘチマの味噌炒め)。

最後に沖縄ならではなのくわっちー(ご馳走)を食べて大満足。

お腹一杯になって休む間もなく…出発。
最後まであわただしい一行です。

私たち3人と妹家族はゆいレールで空港へ。
チェックインをして慌ただしく、お土産を買い足します。
(お土産は初日に定番土産を空港で買ってさっさと送っちゃうのがいいねぇ
という結論に達した3人です。)

そして、お別れ。
妹の子供たち5人がハグしてくれました。(う…(泣)今度はいつ会えるかな…)

上から見える島を見て、さっきまでいた場所を確認しながら…
北上しているのを確認しながら…
途中くだらない話をしながら…
愛媛まで1時間45分の空の旅でした。

松山空港に降りて、今治へ。
すっかり日も暮れた頃、やっと我が家に着きました。…とさ。

これで、3泊4日のみーぐるぐるな(目の回るような)沖縄旅は終わりです。

|13:09 | 沖縄 | comments(2) | trackbacks(0) |
沖縄旅3日目 * 2011.12.09 Friday
この日は友達と別行動。

彼女たちは南部めぐり。
レンタカーでひめゆりの塔おきなわワールド文化王国玉泉洞で鍾乳洞をみたり
に行ったりする予定。

私は親戚のあいさつまわり。
父方、母方のとーとーめー(仏壇)にうーとーとー(拝み(ごあいさつ))しにいきます。

朝から雨。
せっかくの旅。ちょっと晴れてくれたらいいのに〜。と願いながらそれぞれ出発。

まず、母方の実家へ。
小さい頃と中学校2年から結婚するまで住んでいた家。
今は母のおじさんが住んでいる。

外出していたので、勝手に上がり込んで(親戚皆で管理してるのでかまわないのですよ)
部屋と仏壇を掃除して線香ててぃーうさー(手を合わせる)。

そこには私のじいちゃんの位牌がある。
ひいじいちゃんとひいばあちゃんも。…そのもっと先のご先祖様も。

じいちゃんは母が子供の時に亡くなってしまったので実際には会った事ないけど…
私はよく親戚に「あんたの音楽の血はおじいからもらったんだね〜」って言われてきた。
じいちゃんは音楽の先生だった。
中学生の頃、年配の先生や校長先生にまで「君のおじいちゃんには世話になったんだよ」って言われた事がある。
厳しくて、優しくて、楽しいお酒を飲む人で…そして少し弱い人だった。

この家には大きな ふくぎの木 がある。
大きくなりすぎて来年には少し切らなくてはならないようだ。
ML_111105_1127~01.jpg

ML_111105_1129~01.jpg
そういや 赤瓦 だったね。
ココによく上がったなぁ。

お昼過ぎ、那覇 の父のお兄さんの家に行って
おじい と おばあ と いとこのお兄ちゃん に うーとーとー。

「ずいぶんご無沙汰してます。元気ですよ。」とごあいさつ。
久しぶりにおじさんたちのかおも

15時頃、南部に住んでる妹の所に妹の子供たち5人を迎えて いとこの家へ。

おばさんやいとこと、ちょっとおしゃべりして、子供たちを送って家へ。

この日の夜は本来の目的の
高校の同窓会があるわけです。

|15:16 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄旅3日目の * 2011.12.09 Friday
さてさて、家に帰って準備。
妹から借りた全身コーディネートでお出かけ。
(パンツスーツの予定だったがスカートはいたさ)

3年前の中学校の同窓会と同じ場所。
「出雲ブライダルギャラリーラピス」
前原高校46期生同窓会
エイサーではじまりはじまり〜!!
111105_1908~010001.jpg

高校の時の写真を編集したものや今の高校の様子を撮影したものを流してくれたり。
BGMもあの当時はやっていたものを流してくれたり。
実行委員の人たちは大変だったでしょうね〜。

沖縄の同窓会ではお知らせの為に横断幕を作って交差点なんかに貼り付けるという習慣がある。
いつからか始まって、皆が真似しだしただけなんだけど…
連絡先の判らなかった人がそれによって見つかる事があるわけさ〜ね。

そんな私も3年前の中学校の同窓会の時は行方不明者(笑)だった。
東京に住んでいる同級生から連絡をもらって同窓会の事を知った。
愛媛にいるし、実家も引っ越ししちゃって、頻繁に帰る訳でもないからそうなるか…。

その東京の子もこのためにやってきた。
しかし今回、仲よくしてた地元にいる子の参加が少なくて…
高校は8クラスもあったから人数多いよね〜。
参加人数150人ぐらい。半分ぐらいは来たのかね〜。
…わからない人もいるわけで。

でも、あちらこちらで思い出話と近況報告話しに花が咲いて、終始にぎやかでした。

2次会は「エアーズロック
地元にこんなおっされ〜なとこがあったの?っていうような場所でした。
ほぼ全員が参加。
お店の出入り口が狭いからみんなが入るのに30分ぐらいかかってたさ。
途中、ビンゴゲームなんかもはさみながら、みんな話しは尽きないのか
少しずつ減りながらも結構の人数が残っていました。

3次会「カラオケ」
行ってみれば昨日と同じ所(…)

そして、やっぱり帰りは次の日になりまして…
お酒は飲まなかったので、家まで自分で運転して迷いながら帰りました。
今の家の場所は(土地勘がないうえに方向音痴な私)わかりにくい。

さて、目が覚めたら帰(けぇ)いんど〜。
|15:15 | 沖縄 | comments(2) | trackbacks(0) |
沖縄旅 2日目 * 2011.12.03 Saturday
 さて、朝起きて
おいしいゆし豆腐を食べて
ML_111104_0743~01.jpg
出来立てほやほやの
ゆし豆腐
味付けしなくても
でーじま〜さん

出かける準備してる間に
おばちゃんはお仕事にいきました。
「戸締りは〜?」
「(猫が入らんように)網戸だけ閉めといたらいいさぁ〜」
さすが・・・

猫屋敷・・・(もとい)おばさんちを後にして私たちは、本部観光。

まずは美ら海水族館
平日だけれど連休の中日と言う事で観光客(修学旅行生)でいっぱい。

やっぱり大きいなぁ



111104_1116~010001.jpg
底の石(サンゴ)を敷きかえてる様子…大変だぁ
111104_1107~01.jpg

水族館の後は備瀬(びせ)地区のふくぎ並木。
ふくぎ と言うのは防風林で昔は台風や潮風から家を守るために植えられました。
近くの海に遊びに行った事はあるけどちゃんと見るのは初めて。
ふくぎの木に囲まれた集落をレンタサイクルで探索ですが、途中でシーサーを見つけてはパチリパチリと写真を撮るのでなかなか前に進みません。
CA3F0256.jpgCA3F0257.jpg
かわいいでしょ。
これはシャコガイなどの貝殻でで造られている

その後今帰仁城跡

古宇利島

と続き、本部観光終了。

道の駅で初の爆弾おにぎりをお腹に放り込んで、
高速にのって途中のサービスエリアで金武(きん)湾を眺め、
そこのお土産に今治産のタオルをみつけびっくりしたりしながら我が家へ向かいました。

家へ着いて息つく間もなくシャワーを浴び。
お出かけ準備。
この日の夜は16年ぶりにバンドのメンバー5人全員がそろう。




|15:16 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄旅2日目の * 2011.12.03 Saturday
長いので、ココから仕切りなおして…

 
道の駅で初の爆弾おにぎり(かまぼこの中におにぎりが入ってる)をお腹に放り込んで、
高速にのって途中のサービスエリアで金武(きん)湾を眺め、そこのお土産に今治産の
タオル
をみつけびっくりしたりしながら我が家へ向かいました。

家へ着いて息つく間もなくシャワーを浴び。
すぐにお出かけ準備。

この日の夜は16年ぶりにバンドのメンバー5人全員がそろう。
私が17歳の時から愛媛に来る22歳まで参加していたバンドだ。
私以外は5つ程上のお兄さんたち。
結成始めの頃のメンバー(ベースでしかもリーダーだった)が1年後ぐらいに脱退して、

新しくメンバーが入ってからも地元の1年に1回のお祭りと人の結婚式で演奏してるぐらいのペースで4年間、よんな〜よんな〜(ゆるゆる)とやってきた。
私の愛媛行きや他のメンバーが忙しくなってきて活動しなくなって。。。

帰る時は声をかけて集まってくれていて、でも必ず誰かが欠けていたのです。
福祉関係。料理人。消防士(アスリート)。舞台演出家(タレント?肩書きがわから〜ん)。
みんな、それぞれの場所でガンバってきた16年。
離島(宮古島)にいるメンバーもわざわざ来てくれて、本当に本当にひさしぶりなのでした。
そして、今回は愛媛の友達も参加。地元民と交流会(大丈夫かしら…うちの兄々たち)。
後から妹も来てくれて(運転手してくれました。ありがたい)…

前回も前々回も集まった、というお店で
美味しいご飯とお酒とお話しで盛り上がりました。
あいかわらず、遠慮なーい。容赦なーい。扱われ方の私。良いんですけど…。
「変わらんなぁ。お前」と何度も言われる事が嬉しくもありました
(でも必ず「ちょっと大きくなったけど…な」と付け加えられるんだけどね)。
妹の事なんて中学生の時以来だからみんな「大人になって!」ってびっくりさぁ!

2次会〜という事で近くのカラオケへ
妹が懐かしの曲をガンガン勝手に入れてくれて(グッジョブでした)。
大盛り上がり。
もちろん最新曲(?)も途中にいれつつ…
みんな歌うの好きだよね〜。上手いし。
バンドで演奏した曲はハモる。ハモる(そういや、うちらア・カペラもやってたね〜)。
途中で友達がもう一人きて懐かしの再会もあり。

私が家に着いたのは・・・とっくに次の日でした。
image_20111005081826.jpg
|15:14 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
里帰り * 2011.12.01 Thursday

沖縄行ってきましたー!!
怒涛の3泊4日(笑)

今回は愛媛の友達(三線仲間)2人と一緒の沖縄旅。
考えてみれば、初めての友達との旅行です。
ひとりは沖縄2回目のちゃん。
ひとりは 沖縄初のちゃん。

さて、旅の記録(気憶)を記しておこう。

と書きだしてから、取りかかれず・・・
もう一カ月なりそう・・・
忘れないように少しずつUP



|16:01 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
沖縄旅初日〜タビノハジマリ〜 * 2011.12.01 Thursday
Iちゃんの迎えで11時20分発の飛行機に乗るために山空港へ。
嬉しい事に今回、
松山−沖縄の季節運航(10月30日〜3月24日)の直行便があるのです。

空港でチェックインして少し何か食べようと、立ち食いうどんをしました。

飛行機に乗り込む時、後ろの方から「走っちゃだめだよー」と言う子供の声。
思わず「はい!」と答えそうになった私たち(気持ちはすでに走ってたね)。

飛行機の席が一番前。
携帯電話を切り忘れてて、慌てて携帯触ってたら、CAさんに笑顔で諭され。
離陸の時こっち側向いて座ってるCAさんの口角のあげっぷりに感心して
チラチラ見てたら(失礼ね)目が合っちゃって、さらに笑顔で会釈され(はあ…プロだぁ)。

通路をはさんで向こうの席に一人で座っている男の人
ノートパソコンにイヤホンしてお笑いの番組(録画してたんだろうな)を観だして…声無く笑ってるのが前のガラスに映ってて。
それを観てこっちもおかしかったり。

と…何を浮足立ってるの?私たち!と言うような飛行機の中でした。

13時20分頃到着。
空港では母が迎えに来てくれていました。

首里城
に行くので、そこで待ち合わせって事になっていたのですが、
荷物がジャマでしょ。と空港まで来てくれたのでした。
車で行くと渋滞に巻き込まれるし、首里城付近はその日は歩行者天国になっているので、母に荷物を預け、ゆいレール(モノレール)に乗り込みました。
お祭りのせいなのか、普段からそうなのか、ゆいレールは人がいっぱい。
母の言う事を聞いて正解(さすが!かあちゃん)。

その日の行事は古式行列
琉球王朝の時代の国王やお妃など(毎年一般募集してる)の行列を解説入りでしていました。
ML_111103_1544~01.jpg
ニライカナイからやってくる神様。

お輿に乗った国王が通る時、見物人の子供が
「国王〜!!」と叫んでいたのには笑った。
ちゃんが「国王イケメンだったよ」とデジカメの写真を見せてくれました。
私の携帯では後姿しか写ってないけど、確かにちらかーぎー(イケメン)。
ML_111103_1506~01.jpg
そうそう、デジカメと言えば。
ちゃんが沖縄旅行の為に買ったばかりのデジカメが何故か調子悪くなって。
旅の思い出はちゃんに委ねられたのでした(私も任せたので写真少ないよ)。

母と合流して一路、58号線へ。
最初の目的はしゃりまという普天間にある生地屋さん。
安くて種類が豊富という事で、紅型のプリント柄の生地を買いに。
この生地で演奏の時の衣装を作ろうという魂胆です。
種類があり過ぎて、悩みに悩んでやっと購入。
1時間30分近く居ましたとさ(は〜っさ!女の買いものは…)。
ML_111103_2326~01.jpg
これが悩んだあげく選んだものです。

さて次は北谷町美浜アメリカンビレッジ
私が行きたかったのは、最近できたばかりのデポアイランドのAKARA。
名嘉睦稔さんのギャラリーがあるのです。
あと、Tシャツ屋HabuBox。
一通りギャラリーを眺めて、Tシャツを物色して名護に向けて再出発。
あこーくろー(夕暮れ)のアメリカンビレッジはキラキラしてまして…
りんけんバンドのライブハウスや
老舗ライブハウスMOD’Sもあるのね〜(コザから移転したのか〜)
今度来るときは、ゆっくりみたいね〜と話しながら後にしましたよ。
後で知った事、AKARAの2回に『ぼくねん美術館』があると(泣)。

ちょい腹減ったということで
A&W(沖縄のファーストフードといえばここ(通称エンダー)。
サンドイッチ&ルートビアなんぞを買い込んでぱくつきながら58号線をちゃ〜走り。

何時だったかやっと名護市呉我のおばさんの家に着きました。
おばさんが夕飯炊いて待っててくれました。
ソーキ汁。(豚のスペアリブと冬瓜のお汁)
でーじ。まーさむん(とってもおいしい)

エンダーで食べたことを後悔した…もっと食べたかった。

今回泊めてもらったのはおばさんのお姑さんが住んでいた所で、
今はおばさんがたくさんの猫と暮らしている沖縄の古い家。
赤瓦ではないけど沖縄瓦の、仏壇を中心とした典型的な昔沖縄の家。
ML_111104_0901~01.jpg

ML_111104_0722~010001.jpg
3匹の猫が出産したばかりで子猫もいっぱいいる。

なんだかんだと寝るまでごちょごちょとおしゃべりして
沖縄の1日目は終わったのでした。

|16:00 | 沖縄 | comments(0) | trackbacks(0) |
県人会2 * 2011.02.17 Thursday
2月の初めに県人会の2度目の集まりがありました。
「新年会」といった感じでしょうか?(旧正月の3日目だった)

『愛媛沖縄嫁の会』(正式名称は何だ?)のKさんという方が単身赴任先の中国から正月休み(旧正月)で帰ってくるという事で 集いました。

今回は8人の出席。

Kさんとは「はじめまして」でしたが、沖縄で高校や塾の先生をしていたとか、琉球大学を3回いったとか、今は日本語を教えているとか。とてもバイタリティのある素敵な姉々でした。
今月また中国にいって次は7月に戻ってくるそうなのでまた会いたいです。

2次会はまた ぽん川村さん のお店キーポンに行ってさらにうちなートーク。
後から、3人ほど来てくれて。大学生の子いましたよ。

4月にはお花見。夏にはビーチパーリーを。
やりましょう。やりましょう。




|11:08 | 沖縄 | comments(2) | trackbacks(0) |
ご当地ヒーロー * 2011.02.04 Friday
 昨日、妹から封筒が届いた。

無印の茶色の封筒で、なんだか、ぱんぱんに入ってる。
80円切手が3枚ほど貼ってあった。

開けてみると
110203_1530~01.jpg
これでした(見えにくくてごめん)。

琉神マブヤー マブヤーストラップ
琉神マブヤー 悪の軍団マジムンのクーバーストラップ&キーホルダー
親戚の子の結婚式の引き出物のマース(塩)入りお守り
お年玉
。。。。ってお年玉そのまま送ったらイカンやろ!?

でも、あざーっす!!!
子供らとストラップ取り合いしました。

ちなみに私はクーバーキーホルダーもらいっ!
110204_1557~02.jpg

琉神マブヤーは沖縄で人気のヒーローさ!
詳しくはココをみてねー。

話し変わって。
この間、テレビで「ホットケーキを炊飯器で作ると簡単で美味い」というのを観た。
やってみた。
材料まぜて炊飯器に入れて普通に炊く(うちは早炊き)だけ(炊くって言うのかこの場合)。
できた。
110203_1646~01.jpg 
110203_1646~02.jpg
ふっくら、そして美味い。
おためしあれ!

|16:12 | 沖縄 | comments(2) | trackbacks(0) |
やぎの冒険 * 2011.01.21 Friday
 沖縄の中学生が撮った映画が話題を呼んでいる。
娘らと同じ15歳の映画監督 仲村颯悟 君(映画撮った時は14歳)。
今は受験勉強頑張ってるって!
プロフィールやなんかもっと詳しいことはココをみたらいいさ。

映画の内容は・・・
沖縄の食文化である。ひーじゃーをとりまく少年達の成長ムービー!
だはず。・・・まだ、観てないから わからんさ。
えっと、だぁー?! ちょっと一部抜粋

『舞台は沖縄、ヤンバル地方。食べられるために生まれて来たやぎは、はずみで逃げてしまいます。ときにユーモラス、ときにシリアスな追いかけっこを通して、映画は食べることの意味を知る事で、少年の成長を描き出します。』

だそうである。だいたいあってたねぇ。

観た人の感想をいくつか聞いてしまったので、アレだが・・・(何がアレね?)
観たい。愛媛ではやらんのかね。アイシネマ今治あたりでやらんかね。

私にもひーじゃーに関しては似たような思い出があるわけさ。


小学校中学年の頃のある日「日曜日に海でひーじゃーつぶすから」と
おとうが子ヤギをつれてきた。
ところが、日曜日が雨で中止。
子ヤギは住宅街にある小さなアパートの一階の、庭とはとうてい呼べない場所で飼われる事になる。

餌をあげて、名前までつけた。
「ゆきちゃん」
アルプスの少女ハイジに出てくる白い子ヤギの名前。

1週間後、大人たちの都合でまた延期。
餌をあげて名前までつけた時点ですでに情が湧いている。
「良かった〜」って思った。
学校帰りの友達に見せたりして。
小学校のすぐ裏にあるアパートにヤギがいる。
みんな町の子なので(ちなみに中の町小学校っていうんだよ)珍しかったみたい。
ちょっと得意げだった私(今思うとおかしいね)。
でも、「いつか食べちゃうんだろなぁ」と心の中で思ってた。

とうとうその日が来る。
3週間経って、大きくなり過ぎては良くないと、ある日曜日に海に行く。
おとう達大人はゆきちゃんを岩陰に連れて行ってしまった。

そして、ゆきちゃんは刺身になりひーじゃー汁になり美味しいくゎっちーになりましたとさ。

こっちが、ちらふっくゎーしたって泣いたって、当たり前のように子ヤギはつぶされたわけさぁ。
それまでは普通に食べてたけど、それから3年ぐらいはひーじゃーを口にすることはなかった私。
うちはけっこうアイガモとか鶏なんかも自分たちで絞めて食べる事が多くて(ビーチパーリーね)、それらも食べなくなってさ。
だからといって、肉が食べられなくなった訳ではないよ。
肉屋で買ってきたものは、ばんない食べたさ。どぅーかってぃだね。

中学生の時。またどこかでひーじゃーがふるまわれたある日。
「おいしく食べてあげるのが、いいのかも!?」と、また、どぅかってぃな考えに辿りつき食べ始めるのでした。
ちゃんちゃん

『やぎの冒険』
「沖縄では普通の事が普通に描かれてる映画だ」と観た人の感想。
東京にいる友達は「沖縄の人が作った沖縄の映画だ」って言ってたさ。

でーじ観たい・・・。

注:ひーじゃー・・・やぎ  
  だぁー?!・・・どれどれ?みたいなニュアンスで使う
         (『頂戴』という意味でも使う)
  つぶす・・・お祝いやイベントでヤギや豚などをさばいて人にふるまう時に
        『つぶす』と表現する
  くゎっちー・・・ご馳走 
  ちらふっくゎー・・・すねる ちら(顔)ふっくぁー(ふくらまし)
  ビーチパーリー・・・海でするパーティ まぁ、海でバーベキューだね。
            米軍の人との友好パーティが始まりみたいで、沖縄(特
            に年配)の人は発音に忠実に『ビーチパーリー』という
  ばんない・・・いっぱい  
  どぅかってぃ・・・自分勝手
  でーじ・・・とっても

今回はうちなーあびーしてみました。
  うちなーあびー・・・沖縄しゃべり(?)

|12:51 | 沖縄 | comments(4) | trackbacks(0) |